運命のセンターダイヤモンド

マリアージュのセンターダイヤモンド

ダイヤモンドの美しい輝きは、カットと素材の善し悪しで決まります。
マリアージュでは3タイプの輝きが異なるセンターダイヤモンドをご用意しておりますので、おふたりの価値観やご予算に合わせてお選びいただけます。

ダイヤを選ぶ時の大切なポイントは、高品質・高価格のダイヤモンドを選ぶ事ではなく、おふたりが心から嬉しいと思える品質と価格のバランスを見つける事です。
おふたりのご予算や価値観にあわせたダイヤモンドや縁の深いカラット数のダイヤモンドなど、たくさんのダイヤモンドの中からおふたりに最もふさわしいオンリーワンをお探しいたします。

3Grades of Sparkle

Mariage IDEAL®:輝きの最大値・特に美しい

ダイヤの反射を科学的に分析し、反射率が最高峰のもの

AAA:非常に美しい

世界基準のランクの中でも上位の品質に限りなく近い厳選素材

世界基準クラス:美しい

正確な鑑定は世界トップクラス
日本が誇る「世界基準の鑑定書」

マリアージュのセンターダイヤモンドは全て、日本の最高峰鑑定機関「中央宝石研究所」で行います。
中央宝石研究所とは、世界共通の品質基準である4Cを最も正確に鑑定する、世界トップクラスの鑑定機関。
4つの鑑定基準、Cut(プロポーション)、Carat(重さ)、Color(色)、Clarity(透明度)を、GIA(米国宝石学会)が定めた基準で厳密にランク付けします。

ダイヤモンドの鑑定書

ダイヤモンドの鑑定書

GIA(米国宝石学会)が定めた品質基準である4C。Cut(プロポーション)、Carat(重さ)、Color(色)、Clarity(透明度)を基準とし、各鑑定機関が発行した証明書となります。マリアージュのセンターダイヤモンドは全て中央宝石研究所で鑑定書を取得しています。

マリアージュは、紛争ダイヤモンドを取り扱いません。

世界の紛争地域で産出されたダイヤモンドの不正取引を根絶するために、国際的機関が定めた「キンバリープロセス」。マリアージュでは紛争と関係のない地域から供給されていることを示す、原産地証明書(キンバリープロセス証明書)の取れたダイヤモンドのみを使用しています。

一般市場におけるダイヤモンドは原石の供給地や流通経路、研磨会社や職人など、不明確な点が多いのが現状です。その中には紛争ダイヤや二次流通(リサイクル)ダイヤが多く含まれ市場に流通しています。

生涯に一度の「愛する想い」を伝えるダイヤだからこそ、100%の安心をお約束します。

ダイヤモンドについてもっと詳しく

01:ダイヤモンドの品質を決める”4C”

02:サリネライトレポートとは

03:アイデアルプロポーションとは